「不要な物」ってどうしていますか?

断捨離・片付け・整理収納にハマったその先にある悩みは・・・

初めまして、東京西部地域で、整理収納アドバイザー2年目として活動をしていますアラフィフ世代の恵子です。子供は息子17歳・娘14歳がいます。

私も仕事柄(仕事柄と言えるほどでもないような気がしますが(汗)、【片付け・整理収納】すると家の中から、不要な物が出るわ、出るわ・・・

不要な物が出て、家中がスッキリするのはいいのですが、今度は、その不要な物をどうするかで、本当に悩み始めています。

お客様には、「処分しましょう!」と言いながら、実は、私は、高いお金を出して買ったのに、粗大ごみで出すのは気が引けるのです。その上、今は、粗大ごみに出すのにもお金がかかります。

買うのにもお金がかかって、捨てるのにもお金がかかる時代が来るなんて思ってもみませんでした・・・

でも、私と同じように思っている、感じている方は多いと思います。(特に、主婦の方!)

リサイクルショップやネットオークション、ネットサイト、どこに売ったらいいの?

なので、少しでも賢く手放す=お金に換える方法を考えると、やはり、リサイクルショップやネットオークション、または、今流行のネットサイトに出すのがいいのでしょうが、ちょっと敷居が高いのです。

そもそも本当に売れるのか、

手配ややり取りが大変なのではないか

ぼったくられないか などなど

考えれば考えるだけ、不安になって、だったら売らない方がいいのでは?と思ったり・・・

でも、やっぱり邪魔なので、なんとかしたい!と思い、いろいろ情報を集めてみることにしました。

ノンブランドは、いったいどこがいいのやら・・・

その結果、私の持っている洋服はほぼ、ノンブランドに値する物だったので、CMに出てくるような大手ネットショップ(ノンブランドはNGと言われている)よりも、近隣にあるリサイクルショップが良いのではないか、と思いました。

ただ、リサイクルショップと言えども、調べると昔からある「持込」と、お店の方が我が家に来てくれる「出張」があることも知りました。

ただ、我が家はお恥ずかしい限り散らかったいえるので、たとえ他人と言えども、ちょっと恥ずかしかったので、出張サービスはやめ、店舗の雰囲気なども知りたいと思い、今回、古着を「持込」をすることにしました。

しかし、「持込」と言っても検索すると凄い数がヒットするので、以下の3つの条件を上げてみました。

古着買取査定する際の3つの条件を上げてみた

< 古着買取査定する際の3つの条件 >

1、ノンブランドやファストファッション、古着でも買取可能

2、査定に納得いかない場合は、キャンセル料が無料

3、全国に店舗数が多く、車で持ち込みができるところ

調査する5店舗が決まった!

また、ただ「持込」と言ってもあまりにも遠いとガソリン代もかかるので、私の住む東京西部地域から、車で30分圏内にし、以下の条件をクリアした5店舗を2日間掛けて調査してきました。

オフハウス

king Family(キング ファミリー)

2nd STREET(セカンドストーリート)

トレジャーファクトリー

Don Don Dwon(ドンドンダウン)

※あいうえお順

査定してもらう商品

そして、古着買取査定してもらった洋服は、こちら。

サイズダウンした、スキーウエア上下で6点(帽子・ゴーグルは含まれません)

サイズ違い、間違って買ってしまったモノ6点

合皮、アウトドアのブルゾン、薄手のコート4点

ニットやシャツなど5点

ジーンズやスカート、靴、かばん6点(上部の丈の短いスカートは含まれません)

以上、26点。ほぼノンブランド。

それでは、早速、以下をご覧くださいね。

実際に売ってみました!【2018冬】ノンブランド 古着 買取 おすすめ 持込 ランキング発表!!

【2018冬】ノンブランド 古着 買取 おすすめ 持込 第1位:トレジャーファクトリー

【2018冬】ノンブランド 古着 買取 おすすめ 持込 第2位:2nd STREET

【2018冬】ノンブランド 古着 買取 おすすめ 持込 第3位:オフハウス

【2018冬】ノンブランド 古着 買取 おすすめ 持込 第4位:King Family

【2018冬】古着 洋服 買取 おすすめ 持込 第5位:don don down

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク